税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

経営コンサルティング

 税理士の本来の業務として、申告書や決算書などの税務書類の作成業務やクライアントである法人や個人に代わって、税務署に対して税金の申告を行なう税務代理の業務などがあります。

 税理士による経営コンサルティング業務は、このような業務だけではなく、クライアントの財務の現状や業務成績を十分に把握し、改善策を提案したりなどして、経営者をサポートしていく業務をプラスしたものになります。

 具体的には、利益を上げていくために計画、設備などの投資計画、税法・商法上の対策、人事問題への対応策などをクライアントへ提示し、「今後、クライアント先の企業がどうしたら業績を伸ばし、黒字額を拡大していくことが出来るか」などを経営者とともに、相談を行ないながら、考えていきます。

 たとえば、企業や商店が経営不振で悩んでいたとします。経営者は、何とか現状を打破したいという思いで、会社の為や、社員の為に明るく働きやすい職場作りのため、様々な改善策を探すでしょう。このような経営が苦しい状況下にある企業や商店から、税理士に対して経営コンサルティング業務の依頼があったとします。税理士は、財務状況や業務成績を確認しなければ、的確なアドバイスはできません。クライアント側は、負債、利益、税金など内部状況を明かすことになります。税理士は、具体的な改善策を提示してくれるものと、期待するでしょう。

 クライアントのニーズに応えられるかは、税理士自身にかかっています。税理士は、クライアントの希望や現状を確認するためにも、「対話」を大切にしていく必要があります。お互いに信頼関係を築き上げるためにも、意思の疎通を図ることが出来る「対話」は重要なポイントです。対話を通じて、“クライアントが望んでいることは何か”また、“クライアントの願望を実現させるためには何が必要か”を考えていきます。税理士は、専門家として、高い知識と豊富な経験を基に、その時に最適なアドバイスを行ないます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.