税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

税理士(ぜいりし)

税理士とは、税務の専門家として税務代理、税務書類の作成、税務相談業務を行うことが出来る国家資格です。

税理士となる資格を得た後、日本税理士会連合会の税理士名簿に登録を行った者が、“税理士”の名称を用いることが出来ます。

「税理士となる資格を有する者」としては、税理士試験に合格し2年以上の実務経験を持つ者、23年以上税務署に勤務し指定研修を受けた国税従事者、公認会計士または弁護士の資格を有する者とされています。

このように、税理士になるには幾つかの方法がありますが、一般に税理士試験に合格した後に実務経験を経て税理士となるケースが殆どです。

企業から個人に至るまで、事業には税に係る事柄が必ず生じます。しかしながら、一般の人々が税務について精通することは困難で、また税金関係の法律はしばしば改正されることからも、税務に関する専門家の存在が必要となります。

税理士は税務についての指導や相談に応じることを業務としています。

その内容としては、租税に関する申告、申請、請求若しくは不服申立てを代行する「税務代理」、税務官公署に提出する申告書や申請書等の「税務書類の作成」、「税務相談」、財務書類の作成や会計帳簿の記帳代行等の「会計業務」、租税に関する訴訟において弁護士と 共に出頭・陳述を行う補佐人等が挙げられます

また、税理士は業務に付随する範囲において、社会保険労務士業務の一部を行うことが出来ます。さらに、税理士となる資格を有する者は、行政書士登録を受けることで行政書士となることが可能です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.