税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

会計帳簿記帳の代行(かいけいちょうぼきちょうのだいこう)

会計帳簿記帳の代行とは、税理士が依頼を受けて、仕訳帳、総勘定元帳、補助元帳等の会計帳簿の記帳をクライアントに代わって行うことをいいます。

事業を行う上で経理事務は不可欠です。企業、個人に関わらず、税務申告や経営状態の把握のために、日頃からきちんと帳簿をつける必要があります。

しかしながら、こうした管理は手間がかかり、専門知識が無いとわかりづらい部分も出て来ます。

中小企業等では、事業主自らが会計帳簿の作成を行っているケースも少なくありませんが、こうした場合に、忙しくて帳簿記帳に充分な時間と労力をかけられない、帳簿付けが正確に出来ているのか不安がある、経理の人間を雇おうと思ったがすぐには良い人材が調達出来なかった、といった問題が起こり得ます。

税理士に会計帳簿記帳の代行を依頼するメリットとしては、帳簿記帳の煩わしさから解放される、税の専門家による適切な帳簿記帳が行われるため安心である、といったことが挙げられます。

また、経理の人間が退職したため、次の人が見つかるまでの繋ぎとして会計帳簿記帳の代行を依頼するケースもあります。

会計帳簿記帳の代行は、税理士に毎月、売上や領収書等の入金・出金の記録、通帳コピー、請求書等を預け、会計帳簿や計算書類を作成してもらう形で行われます。

記帳代行業者に経理を外注する方法もありますが、申告を税理士に任せる場合には、別途税理士を探さねばなりません。毎月の会計帳簿は税金の申告に繋がる重要な作業ですから、税理士に記帳から申告までを一貫して依頼するのもひとつの方法です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.