税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

国税業同盟会(こくぜいぎょうどうめいかい)

国税業同盟会とは、税理士業務の淵源とされるもので、税務処理の複雑化に伴い、税に詳しい者達が納税事務を手伝うシステムとして、1897年(明治30年)に誕生しました。

国税業同盟会は、その後の1906年(明治39年)には税務代弁人制度へと変化し、さらに1942年(昭和17年)には税務代弁人制度を改組する形で、税務代理士制度が誕生することになります。

この税務代理士制度は、現在の税理士制度の前身となるものです。ちなみに、現在では2月23日を「税理士記念日」として、税理士の社会的使命を再認識すべく各税理士会で無料税務相談等が開催されていますが、これは税務代理士法が昭和17年2月23日に制定されたことに由来するものです。

このことからも、税務代理士制度が現在の税理士制度の源流となっていることが窺われます。

明治初期までは農業への課税が中心となっていましたが、1887年(明治20年)に所得税が、1897年(明治30年)には営業税が導入され、次第に商工業者に対する課税が増えることとなります。

こうしたことから、退職税務官吏など税の知識を持つ者のところへ、税に関する相談に行く者や、税務申告の代理を依頼する者が見られるようになりました。

さらに、1904年(明治37年)の日露戦争の勃発による相次ぐ増税のために、税務相談等を依頼する納税者が急激に増加することとなります。それを受けて、税務に詳しい者の中には税務相談等を職業とする者が現れるようになります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.