税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

顧問税理士(こもんぜいりし)

顧問税理士とは、会社や団体等においてその経営と税務処理に関して、継続的に指導及びアドバイスを行うとする顧問契約を結んだ税理士のことを指します。

税理士に業務を依頼する場合に、専門家の知識が必要と考えた案件について一回のみの依頼では、税理士がクライアントの税務処理の全てを把握することは難しく、それにより対応しきれない事柄も出て来ます。

例えば、税法上で事前に届け出が必要な優遇措置についてなど、税理士が一時的に携わっても対応が間に合わないケースもあります。

顧問税理士は、請け負う業務を帳簿作成や税金計算のみに限定せず、期間についても毎月定期的にクライアントと面談し、相談に応じたり指導を行うコンサルタントとしての役割を持ちます。

税理士と顧問契約を結ぶメリットとしては、定期的に打ち合わせとアドバイスが行われることで、継続的に専門家の指導や監督、助言を受けることが出来る点が挙げられます。

顧問契約を結ぶことで、税理士はクライアントに対して、より総合的で細かく適切なアドバイスが可能となります。

また、納税者と税務署の間に顧問税理士が入ることで、税務行政に対するコミュニケーションが円滑に進みやすい。

顧問税理士に税務調査対応を任せることが出来る。

顧問税理士が日頃から定期的に経理事務をチェックしているため、税務調査時に調査がスムーズに行われる等の点が挙げられ、一般に企業規模が大きくなるほど、顧問税理士の必要性も高くなります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.