税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

税務調査(ぜいむちょうさ)

税務調査とは、課税の公平を維持するために、納税者からの税の申告内容が正確且つ適正に行われているかどうかを確認する調査です。

この調査の結果、申告内容に問題があった場合には、修正申告書を提出して追加の納税を行うこととなります。

税務調査は一般的に3年から5年に1回というサイクルで行われるケースが多いようです。また、新規に立ち上げた法人に関しては、設立して3年後に税務調査が入る可能性が高いとされています。

税務調査には、幾つかの種類があります。まず、大きく分けると任意調査と強制調査となります。

任意調査は納税者が行った申告の内容の確認のために行われる調査で、強制調査は悪質な脱税の取締りを目的とし、国税局の査察部(通称マルサ)によって、脱税の容疑のある納税者に対して行われます。

任意調査はさらに内容によって、一般調査、特別調査、着眼調査等に分かれます。

一般調査は、その名称の通り、最も一般的な通常の調査で、税務調査の大半がこの一般調査になります。殆どのケースで税務調査に入る旨の事前通知があり、調査は2日間から3日間程で終了します。

特別調査は、国税局の資料調査課(通称リョウチョウ)、あるいは税務署の特別調査部門(通称トクチョウ)によって行われる調査で、一般調査よりも厳しく、事前通知もありません。調査期間も10日間程かかるケースが多いようです。

着眼調査は、2004年から所得税調査に導入された調査方法で、申告漏れ所得の把握を短期間で数多く行うことに重点が置かれています。そのため、半日程度で終了するケースが殆どです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.