税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

税理士登録事務(ぜいりしとうろくじむ)

税理士登録事務とは、税理士業務を開業する前に、税理士名簿の登録を受けるために必要な事務手続きのことを指します。

税理士としての資格を取得するだけでは、税理士業務を行うことは出来ません。税理士になるためには、税理士法第18条により、日本税理士会連合会に備えてある税理士名簿に登録を受けなければならないことが定められています。

税理士登録の手続きとしては、まず登録申請書等の必要な書類を、税理士事務所を設けようとする所在地の区域の税理士会へ提出する必要があります。

税理士名簿の登録には、手数料として50,000円がかかります。これは日本税理士会連合会会則第44条の規定によるもので、登録調査、登録審査及び登録事務に関する諸経費を基に算定された数字です。

主な提出書類については、登録申請書 5通(正本1通・副本3通・税理士会控1通)、登録免許税納付領収証書、写真 3葉、戸籍抄本又は個人事項証明書、住民票の写し(世帯全員のもの)、税理士となる資格を証する書面、在職証明書又は職歴証明書(税務官公署等の退職者)、官公署の証明書(身分証明書等)、誓約書となっています。

登録申請書が提出されると、税理士会において必要な調査が行われます。その上でさらに日本税理士会連合会での調査・審査が行われ、登録適当と認められた場合には税理士名簿に登録されることになります。

税理士名簿に登録された者は、税理士会を経由して税理士証票が交付されます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.