税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

国税徴収法(こくぜいちょうしゅうほう)

国税徴収法とは、国民の納税義務の適正な実現を通じて国税収入の確保を目的とし、国税の滞納処分の手続きに関する規定を主に、国税の徴収について定めた基本法です。

国税徴収法は、旧国税徴収法を全部改正する形で1959年(昭和34年)に制定されました。国税のみでなく、地方税その他各種の公租公課について、国税徴収法が準用されています。

国税徴収法は、具体的には、国税債権と他の債権(地方税に係る債権、被担保債権、私債権)との優先関係の調整、第二次納税義務、滞納処分の手続、猶予、停止などについて定めています。

国税徴収法において、国税は原則として他の全ての公課や債権に先だって徴収される一般的優先権を持ちます。

国税債権と他の債権との優先関係の調整とは、私法秩序との調整の観点から、質権、抵当権などの被担保債権が優先されるケースもあり、これらについて規定したものです。

第二次納税義務の制度とは、本来の納税義務者から国税を徴収することが困難な場合に、当該納税者と一定の関係にある者(合名会社・合資会社の無限責任社員、清算人、共同的事業者、事業譲受人)を第二次納税義務者とし、これに税負担を求めるものとなります。

さらに国税徴収法の主要事項となるものに、滞納処分に関する手続的規定があります。これは、税額が確定された後にその納付が行われない場合の、督促、財産の差押え、差押え財産の換価、換価代金の充当という一連の強制徴収手続きに関して詳細に規定されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.