税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

損益計算書(そんえきけいさんしょ)

損益計算書とは、企業の一定期間における収益と、それに対応する費用を比較してその経営状況を明らかにしたものです。

貸借対照表と並んで、財務諸表の中心となる会計書類の一つです。

損益計算書は、企業の1年間の事業の損益の状況を示し、どれだけ利益を上げたか或いは損益を出したのかが明確になることから、よく“会社の成績表”とも言われます。

英語では「Profit and Loss Statement」や「Income Statement」と呼ばれ、日本でもP/Lと略されることがあります。

損益計算書では、利益の発生過程を明らかにするために利益を段階的に計算します。そのため、損益の計算は、「売上総利益」、「営業利益」、「経常利益」、「税引前利益」、「当期純利益」の5つに分けて行われます。

売上高から売上原価を差し引いた「売上総利益」は、粗利益とも呼ばれ、企業の基本的な収益力を示すものです。

「営業利益」は、「売上総利益」から販売費や従業員給与等を差し引いたもので、営業活動から生じた利益だと言えます。

さらに、“営業利益+営業外収益-営業外費用”によって求められるものが「経常利益」であり、これに本来の営業活動以外で臨時的に発生した損益を加算したものが「税引前利益」となります。

この「税引前利益」から法人税等を差し引いた「当期純利益」が、企業の最終的な利益です。

尚、株式会社では貸借対照表と同様に、損益計算書の作成及び開示が義務付けられています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.