税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

キャッシュフロー計算書(キャッシュフローけいさんしょ)

キャッシュフロー計算書とは、企業活動における一定期間の現金流量、つまり収入と支出のお金の流れを表す会計書類です。

損益計算書上の損益は必ずしも現金等の収支と一致しないため、キャッシュフロー計算書は現金収支を把握するために有用と言えます。

近年、重要視されるようになった会計書類のひとつで、2000年3月期からは上場企業でのキャッシュフロー計算書の作成が法律上義務付けられました。

欧米諸国ではすでに1980年代後半から1990年代初頭にかけてその作成が制度化されており、国際会計基準に照らしても、貸借対照表と損益計算書に次ぐ第3の財務諸表として位置付けられています。

キャッシュフロー計算書は、「営業活動によるキャッシュフロー」、「投資活動によるキャッシュフロー」、「財務活動によるキャッシュフロー」の3つの活動区分に分けられます。

「営業活動によるキャッシュフロー」は、仕入れに係る支出と販売による収入のように事業活動によって生じる現金流量を表します。

「投資活動によるキャッシュフロー」は、固定資産や有価証券等の取得や売却による現金流量を示したものです。

さらに、「財務活動によるキャッシュフロー」は、 株式や社債の発行、借入金の返済など資金調達及び返済による現金流量を計算する区分となります。

キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲は、現金(手許現金及び要求払預金)及び現金同等物とされています。現金同等物とは、「容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資」とされており、3ヶ月以内の短期投資等がこれに該当します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.