税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

株主資本等変動計算書(かぶぬししほんとうへんどうけいさんしょ)

株主資本等変動計算書とは、会社の純資産(従来の貸借対照表上における資本の部)の一会計期間における増減を表す財務諸表です。

これにより、株主資本の部分が変動した理由を具体的に知ることが出来ます。株主資本等変動計算書は、2006年5月1日の会社法の施行に伴い、従来の利益処分(案)や利益処分計算書が廃止され、これらに代わって新設されたものです。

株主資本等変動計算書の導入は、国際的な会計基準に近づける意味もあるようです。これまで、純資産の変動状況については利益処分計算書、連結ベースでは連結剰余金計算書という財務諸表によって開示されていました。

しかし、新会社法となり、利益処分について定時株主総会に限らず行うことが可能となるなど、資本の部の変動が従来よりも頻繁に行われることから、資本の部の変動を詳細に把握出来る計算書が必要となりました。

こうしたことから、株主資本等変動計算書が導入されることとなり、全ての株式会社が貸借対照表及び損益計算書に加え、株主資本等変動計算書を作成しなければならないことが定められました。

株主資本等変動計算書では、純資産を株主資本、評価・換算差額等、新株予約権の3つに区分して内訳および増減額を記載します。

そして、株主資本の期中の変動額については変動した事由ごとに区分して表示されます。

変動事由には、新株発行または自己株式の処分・剰余金の配当・任意積立金の積立・当期純利益(または当期純損失)・自己株式の取得や消却などが挙げられます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.