税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

貸方(かしかた)

貸方とは、複式簿記において、取引の要素を判断し記載を左右に振り分ける際の右側の部分を指します。

簿記には単式簿記と複式簿記があります。単式簿記とは簡易簿記とも呼ばれ、例えば家計簿のように、収入はプラス、支出はマイナスとして処理しながら記帳してゆきます。

これに対し、複式簿記ではマイナス表記せず、勘定口座の右と左に記入する場所を分けて記帳します。

複式簿記では、この左側を借方、右側を貸方と呼び、全ての取引について増加した金額と減少した金額をそれぞれ左と右に分けて記入してゆきます。これは、複式簿記の原則となるルールです。

借方(左側)に、資産の増加、負債の減少、資本の減少、費用の発生が記載されるのに対し、貸方(右側)には、逆に資産の減少、負債の増加、資本の増加、収益の発生が記載されます。

例えば、商品が売れて10万円の売上があった場合には、借方に“現金 100,000”、同時に貸方には“売上 100,000”と記載されることになります。

このように、複式簿記では借方と貸方に同額の金額が記帳される仕組みになっています。これは、仕訳の借方と貸方が常に等しくなる「貸借平均の原理」と呼ばれるものです。

借方と貸方は、英語ではそれぞれ“debit”(デビット)と“credit”(クレジット)と表されます。日本語に翻訳された当時の、“借”と“貸”の語の意味合いは既に消滅しており、現在では貸方は単に勘定科目ごとに記録・計算を行う帳簿上の右側を意味するものとなっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.