税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

勘定科目(かんじょうかもく)

勘定科目とは、簿記において会社の取引内容を分類整理するために用いられる、取引ごとに付けられたの名称のことです。

同じ種類の取引にも関わらず、会社によって或いは帳簿ごとに使われる表現が違うのではわかりづらいため、それぞれの取引に名称(勘定科目)が定められています。

例えば、電話料金であれば、「通信費」という勘定科目に分類されます。このように、帳簿に記録する際には、その取引がどの勘定科目に属するのか判断する必要があります。

勘定科目は、資産・負債・資本・費用・収益のほぼ5つのグループに分類することが出来ます。 資産に関する勘定科目としては「現金」・「預金」・「売掛金」・「受取手形」等があります。

また、負債に関するものには「未払金」や「借入金」、資本については「元入金」や「事業資金」、費用については「旅費交通費」・「通信費」・「消耗品費」、収益に関するものとしては「売上」や「雑収入」等がそれぞれ勘定科目となります。

勘定科目は、事業規模によっても使用される数が異なります。主な勘定科目は決算書に既に印字されている場合もありますし、ゴム印も販売されています。

自分で作った勘定科目を追加することも可能ですが、あまり新たに勘定科目を増やすことは好ましくなく、基本的には定められた勘定科目を用いることが前提となります。

また、同じ取引に対しては一度勘定科目を決めたら、継続的にその勘定科目に分類する必要があります。これは、年度によって異なる判断で勘定科目を分類すると、前年度との比較が難しくなるためです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.