税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)

貸倒引当金とは、企業会計において取引先の倒産などにより、貸付金や売掛金といった債権が回収出来ず損失となること想定して、予め一定の回収不能見込額を見積もっておくことをいいます。

貸倒引当金は決算整理仕訳で用いられ、翌期以降に回収不能が予想される部分を費用として計上するための勘定科目です。このような処理により、その損失を前もって今期の経費として計上することが出来ます。

貸倒引当金の見積額は、売上債権(売掛金や受取手形など)の期末残高に貸倒実績率を乗算することでで求められます。

貸倒実績率とは、過去の貸倒れの実績に基づいた比率で、売上債権にこの貸倒実績率を掛けて求める計算方法を「実績法」といいます。

貸倒引当金の仕訳は、貸倒れに備えて事前に「貸倒引当金」という、資産を控除する科目を設定し、その分「貸倒引当金繰入額」という科目の費用を計上することで行われます。

つまり、貸倒引当金を貸方に記入することにより資産を減少させ、貸倒引当金繰入額という費用を計上する仕訳です。

翌年、貸倒れの発生が無かった場合には、貸倒引当金は翌年の収入金額へ戻されます。また、実際に債権(売掛金)が貸倒れになった場合には、貸倒引当金設定額以上の貸倒れが生じた場合にのみ追加で「貸倒損失」という費用の勘定が発生することになります。

貸倒引当金の対象範囲としては、 売掛金、貸付金受取手形(割引手形、裏書手形)、未収加工賃、未収手数料、未収地代家賃、貸付金の未収利子などがこれに該当します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.