税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

製造原価(せいぞうげんか)

製造原価とは、製品を製造するためにかかった費用のことです。

商業簿記では、“原価”というと商品の仕入値を指す場合もありますが、主に製造業で用いられる工業簿記でいう“原価”とは、この“製造原価”のことを指します。

製造業において、企業は損益計算書・貸借対照表の他に、製造原価報告書を作成します。

製造原価報告書では、当期に費やした製造原価の内訳を記載すると同時に、これに期首仕掛品原価を加算し、期末仕掛品原価を減算して、当期に完成した製品の製造原価を算出します。

つまり、製造原価の算出方法としては、下記のような式となります。

製造原価=期首材料・仕掛品在庫+当期製造費用-期末材料・仕掛品在庫

こうした製造原価を計算する手続きは、原価計算と呼ばれています。

製造費用の内訳は「原価の三要素」と呼ばれる材料費、労務費、経費の3つに分類されます。

材料費とは、物品を消費することで生じる原価であり、これには原料費、買入部品費、燃料費、工場消耗品費、備品費などが該当します。

労務費とは、労働力の消費により発生する原価であり、賃金、給料、従業員の賞与手当てなどがこれに含まれます。

さらに、経費は材料や労務費以外の原価であり、減価償却費、水道光熱費、賃貸料、外注加工費、特許権使用料などがこれにあたります。

製品を販売するためにかかった費用を「販売費」、企業全般の管理のためにかかった費用を「一般管理費」といい、これに「製造原価」を足した全体を「総原価」といいます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.