税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

決算書(けっさんしょ)

決算書とは、損益計算書や貸借対照表に代表される、会社の一会計期間における業績を表した財務諸表のことです。

つまり、「決算書」という名称の特定の書類が存在するわけではなく、会社の経営状態を表すために重要となる書類を総称して決算書と呼んでいます。

決算書は、株主や取引先、金融機関等の外部に向けて、その会社の経営状態を告知するためのもので、年度末に代表取締役等の責任により経理担当者や税理士によって決算書案が作成されます。

その後、決算書案は役員会で承認を得ることになります。この承認を受けたものが決算書として公開されます。

特に株式会社においては、決算書を官報・新聞・インターネット等で公開しなければならないことが義務付けられています。

決算書は財務諸表を指す税法上の呼び方で、「法人税確定申告書」と呼ばれる場合もあります。金融商品取引法令上では「財務諸表」、会社法においては「計算書類」と呼ばれます。

基本的に、いずれの法令上でも貸借対照表と損益計算書は必ず決算書に含まれますが、その他の書類に関しては若干の違いが見られます。

「決算書(法人税確定申告書)」の内容としては、法人税申告書の別表・貸借対照表・損益計算書・株主資本等変動計算書・勘定科目内訳明細書が挙げられます。

また、金融商品取引法に基づく「財務諸表」の内容には、貸借対照表・損益計算書・株主資本等変動計算書・キャッシュフロー計算書・附属明細表があり、会社法に基づく「計算書類」の内容としては、貸借対照表・損益計算書・株主資本等変動計算書・個別注記表・事業報告・附属明細書が決算書に該当します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.