税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

贈与税(ぞうよぜい)

贈与税とは、個人から財産を無償で譲り受けた際にかかる税金です。

ちなみに、会社など法人から財産を譲り受けた場合には贈与税は発生しませんが、所得税がかかることになります。

人が亡くなった場合に、引き継いだ財産の額によっては相続税が発生します。予め生前に財産を譲り渡しておくことで相続税の課税を回避出来ることになると、公平性を保つことが出来なくなります。

つまり、生前の財産移譲に対して課税を行うのが贈与税の目的となります。このように贈与税には、相続税を補完する性質があります。そのため、贈与税については相続税法によって定められており、「1税法2税目」と呼ばれる特徴を持ちます。

贈与税の基礎控除は110万円となります。

1月1日から12月31日までの1年間に受けた贈与財産の価格の合計から基礎控除額である110万円を差し引いた額に、税率を掛けることで贈与税額が算出されます。つまり、年間110万円までの贈与については税金がかかりません。

また、2003年度税制改正により、2003年(平成15年)1月1日以降、贈与税の課税方式は「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つから選択出来るようになりました。

「暦年課税」とは、従来の課税方式で、毎年110万円以下の贈与については非課税とするものです。これに対し、「相続時精算課税」では、通算2,500万円までを非課税とし、相続の際に精算が行われ、相続税と贈与税を一体化した方式と言えます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.