税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ゴルフ場利用税(ゴルフじょうりようぜい)

ゴルフ場利用税とは、地方税法に基づき、ゴルフ場を利用した際に課される税金です。

ゴルフ場利用税は都道府県税ですが、税収の7割はそのゴルフ場が所在する市町村に交付されることが定められています。尚、ゴルフ練習場の利用については課税対象となりません。

ゴルフ場の利用に対して課税する理由としては、応益税と贅沢税の観点から語られることが一般的です。

つまり、ゴルフ場に係る開発許可、道路整備などの行政サービス受益者はゴルフ場利用者であり、受益と負担の関係から、ゴルフ場利用者に費用負担を求めるというものです。さらに、日本ではゴルフは比較的費用が高いレジャーであり、贅沢税に相当すると考えられます。

ゴルフ場利用税の納税は、ゴルフ場側が顧客から利用料金と共にゴルフ場利用税を受け取り、1ヶ月分をまとめて申告し納税を行う形となります。

税額は、利用するゴルフ場の規模や整備状況などにより8段階に等級が定められており、そのゴルフ場の等級に従って、ゴルフ場利用者1人につき1日400円から1,200円の範囲で課される仕組みになっています。

尚、年齢が18歳未満の人、70歳以上の人、障害を有する人などについては、ゴルフ場利用税が非課税となります。その場合には、それぞれ年齢が確認出来る身分証明書や、障害者手帳等の提示が必要です。

また、65歳以上70歳未満の人や、特定の競技会等に参加する選手、早朝の利用者など、税率が1/2になる軽減措置もあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.