税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

自動車税(じどうしゃぜい)

自動車税とは、自動車の所有に対して課税される財産税です。

4月1日現在で、道路運送車両法の適用を受ける自動車のうち、普通自動車、三輪以上の小型自動車を所有している人に対して年税額が課されます。

年度中に廃車(抹消登録)した場合は、月割りにより税金が還付されますが、移転登録の場合は、前の所有者がその年度1年分の自動車税を納める義務があります。

自動車税は都道府県から送付される納税通知書で、5月末日までに納めることになっています。課される年税額については、自動車の種類、用途、排気量などの区分により異なります。

尚、軽自動車・二輪の小型自動車・小型特殊自動車・原動機付自転車には、自動車税は課されません。これらについては市町村による軽自動車税が課されることとなります。

自動車税には減免制度があります。これは、構造上専ら障害者の方が使用する自動車、一定の要件に該当する障害者の方又は生計を同一とする方が所有する自動車で障害者の方自身が運転するもの又は生計を同一とする方がその障害者の方のために運転するもの 、公益のため直接専用する自動車については、申請により自動車税が減免となるというものです。

また、環境配慮の観点から、「自動車税のグリーン化」という特例措置が実施されています。

これは、排出ガス及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車は、その排出ガス性能に応じ税率を軽減し、新車新規登録から一定の年数を経過した環境負荷の大きい自動車については、逆に税率を重くするというものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.