税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

確定申告(かくていしんこく)

確定申告とは、個人が毎年1月1日から12月31日までの1年間の全ての所得を計算し、自らの納税額を確定、税務署へ申告する手続きのことをいいます。

また、法人が営業年度における所得を計算し、納付すべき税額を確定することや、消費税の課税事業者が1年間の消費税額を計算して、申告書を提出することも確定申告となります。

一般に、サラリーマンなど給与所得者の所得税については、会社が各社員の所得税額を計算し、月々の給与から天引きする源泉徴収方式という仕組みになっています。

源泉徴収方式の場合には、年末調整によって最終的な精算を行い、その時点で1年間の所得と税額の確定となります。そのため、確定申告が必要となるのは主に個人事業主ということになります。

所得税が源泉徴収されるサラリーマンであっても、給与の収入金額が2,000万円を超える人や、給与所得や退職所得以外の所得金額の合計額が20万円を超える人など、確定申告が必要となるケースもあります。

確定申告の申告時期は、毎年度、翌年2月16日から3月15日までの1ヶ月間となります。

この期限を過ぎての申告は、無申告加算税の加算が定められていますので、注意が必要です。また、納付期限内に納税が行われない場合には、延滞税が加算されることとなります。

尚、源泉徴収額が最終的な所得税額より多く、還付を受けるための還付申告については、確定申告時期を待たずに翌年1月1日から2月15日までの間でも申告が可能です。

ちなみに、還付申告は課税対象期間の翌年から5年後まで申告が可能です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.