税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

青色申告(あおいろしんこく)

青色申告とは、 複式簿記による帳簿記帳を行い、仕訳帳、総勘定元帳、固定資産台帳、現金出納帳を作成した上で、所得税及び法人税の確定申告を行う納税申告の方法です。

確定申告の申告方法には、「青色申告」と「青色申告以外の納税申告(白色申告)」があります。

青色申告にするか白色申告にするかは個人事業主が選択することが出来ますが、青色申告による納税申告を行うには、事前に青色申告承認申請書を提出する必要があります。

青色申告は、正規の簿記による帳簿の記帳(複式簿記)が求められるため、白色申告に比べると若干複雑になりますが、各種の租税特別措置を受けることが出来るというメリットがあります。

青色申告の特典としては、主なものとして青色申告特別控除、青色事業専従者給与、貸倒引当金、純損失の繰越しがあります。

青色申告特別控除とは、複式簿記による記帳を行い、確定申告書に貸借対照表と損益計算書を添付することを条件に、65万円の控除が受けられるというものです。(但し、簡易帳簿の場合、青色申告特別控除は10万円)

また、青色事業専従者給与は、家族が青色申告者の事業に専属的に従事していた場合に「青色事業専従者給与に関する届出書」を提出した上で、その給与を必要経費に計上することが出来る制度です。

その他にも、貸倒引当金の計上や、赤字損失分を3年間繰り越せる等、青色申告には幾つかの租税特別措置が設けられているため、多くの個人事業主が青色申告を選択しています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.