税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

年末調整(ねんまつちょうせい)

年末調整とは、所得税法に基づき、サラリーマンなど給与所得者が毎月の給与から天引き(源泉徴収)されている所得税について、12月末日にその過不足を精算し、1年間の所得税額を確定することをいいます。

年末調整の際に控除されるものには、配偶者特別控除や生命保険料、地震保険料の控除などがあります。また、医療費控除などは確定申告が必要となる控除です。

源泉徴収方式で納税を行っている給与所得者については、年末調整が完了することで基本的に確定申告が不要となります。実際には給与所得者の大半がこれに該当します。

年末調整の結果、源泉徴収された所得税の合計額が、実際に納めるべき所得税額より多かった場合には差額が還付されます。また、逆に源泉徴収額が納めるべき所得税額を下回った場合には不足分の税額が徴収されることとなります。

但し、給与の年収が2,000万円を超える人、医療費控除を受ける場合、20万円を越える副収入や2カ所以上の事業所から給与を受けている人、予定納税をしている場合等には確定申告が必要となります。

年末調整は、原則として年末の時点で在職している人を対象に12月に行われます。

年の中途で死亡退職した人や、病気等で退職し同じ理由からその年度内の再就職が困難と見込まれる人、12月の給与の支給後に退職した人、年の中途に退職したパートタイマーなどで給与の総額が103万円以下の人、年の中途で海外転勤などにより非居住者になった人についても、退職時期(非居住者になった人については、非居住者となった時)に年末調整が行われます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.