税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

地方税(ちほうぜい)

地方税とは、地方公共団体(道府県と市町村)が徴収する税金のことを指します。

地方税は、道府県が課す道府県税と、市町村が課す市町村税に大別されます。尚、東京都については都税として、道府県税に関する規定に準ずるものとされています。

地方税に対して、国が徴収する税に国税がありますが、ひとつの物に対して、国税と地方税の双方から課税されているケースもあります。

たばこに課される国税である「国たばこ税」と地方税である「道府県たばこ税」や「市町村たばこ税」、自動車に課される国税である「自動車重量税」と地方税である「自動車税」などがこれに該当します。

地方税は、地方税法及び、都道府県や市区町村が定めたそれぞれ条例に基づいて課税されます。その税収は、教育、福祉、消防や救急、ゴミ処理など住民の生活にとってより身近な行政サービスを行うための財源となります。

道府県税と市町村税は、それぞれ普通税と目的税に分類することが出来ます。

普通税とは、税収の使途が定められていない税であり、目的税はその使途が特定されている税となります。

道府県税の普通税には、道府県民税・事業税・不動産取得税・地方消費税・道府県たばこ税・自動車取得税・自動車税などがあり、目的税には狩猟税・水利地益税などがあります。

また、市町村税の普通税には、市町村民税・固定資産税・軽自動車税・市町村たばこ税などがあり、目的税には入湯税・事業所税・都市計画税・水利地益税などが挙げられます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.