税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

経営アドバイスを必要とするか

 税理士の業務の中に、経営コンサルティング業務があります。この中に、経営アドバイスサービスが含まれています。

 税理士は、クライアントと顧問契約を結ぶことで、定期的にクライアント先へ訪問することとなります。クライアントへの訪問時には、税務に関するアドバイスと共に、経営に関するアドバイスを行ないます。税理士事務所によっては、電話対応のみで終わらせているところもあるようです。しかし、赤字の企業にとっては、経営力を高めるための経営アドバイスを直接おこなってもらえることは、有益となります。

 アドバイスを行なう税理士は、専門的な知識や経験が豊富です。企業内に、専門的な知識を持ち、経験が豊富な社員がいれば、問題はないのです。しかし、そのような人材がいない場合は、税理士の持つ、専門的知識や実務経験を活用することが出来るのです。税理士は、クライアント先の企業に属しているわけではないので、人間関係など気にすることもなく、客観的な立場から、アドバイスをしてもらえます。また、社内だけでは気づかない問題点を指摘してもらうことも出来ます。

 経営アドバイスを利用したことにより、クライアントは、税理士から様々な支援をしてもらえます。

  • 問題が生じても、解決の糸口を見つけるため、具体的なアドバイスをしてもらえます。
  • 新たなビジネスチャンスが発見できるアイデアを提示してくれる可能性があります。
  • 社員や経営者は、専門的な指導やアドバイスをしてもらうことにより、能力を向上させることが出来ます。
  • 新たな風が、企業内に入ってくることにより、活性化されますし、会社組織全体の能力アップへのつながりを秘めています。

 
 企業をとりまく環境は、日々刻々と変化を遂げています。企業としては、経営計画を立て、時代に対応していくことが大切になってきます。経営アドバイスでは、将来的な展望を見据えて、会社の発展に繋がるアドバイスや改善策を打ち出していきます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.