税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

記帳代行を希望するか

 記帳代行業務は、税理士の独占業務ではなく、付随的な業務になります。税理士は、企業や個人が会計上で必要とする、いろいろな帳簿の記帳を代行します。記帳代行は、外部である税理士に業務委託することになります。

 日々の仕事で忙しく、経理にまで手が回らない中小企業や、個人事業者、副業、SOHOの人びとのために、必要な書類を預かり、その資料を基にして経理書類の作成をする業務です。クライアントは、領収書、預金通帳など、お金の出入りの証明となる資料を税理士に提出します。税理士は、その資料を基に、貸借対照表、損益計算書、試算表などの経理書類の作成を行ないます。
 
 

税理士に、記帳代行業務を行なってもらうメリットは、次のようになります。
  • 経理に余計な時間をとられることがないので、次行に専念することが出来ます。
  • 経理専門の社員を雇うよりも、安くて済みます。
  • 高い知識を持った税理士が業務を行なってくれますので、信用度の高い書類が出来ます。
  • 日々の売り上げ、仕入れ、経費など、経営にとって重要な数字を把握することが出来ます。

税理士に頼む記帳代行業務で、単純作業が多い場合は、ベテランと比べると経験や知識の低い、若い税理士でも支障はありません。会計ソフトの入力などは、ITに詳しくなければならないので、年齢のいった人ですと難しい場合があります。

 また、会計ソフトを使えないクライアントに対しては、領収書からの記帳代行による月次試算表及び角経営分析資料の作成を行ないます。会計ソフトを導入済みのクライアントに対しては、データ入力のチェックをした後に、月次試算表及び角経営分析資料の作成を行ないます。会計ソフトの導入を考えているクライアントに対しては、会計ソフトの初期設定や指導を行ないます。

 税理士によっては、記帳代行業務を行なわない人もいます。仕事を依頼する前に、自分の希望する依頼内容を得意としているかなど、業務内容を調べることが必要です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.