税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

様々の探し方の存在

 税理士登録をしている人の中で、税理士試験に合格して、税理士となった人は全体の4割です。この数字を見て、どのように思われたでしょうか。少ないと感じたでしょうか、それとも多いと感じたでしょうか。人によって、捉え方はそれぞれでしょう。残りの6割は、他のルートで税理士になっています。税理士試験合格者の中にも、11科目中5科目の合格を果たした人と、一部の試験科目が免除になった人とがいます。ですから、能力の差にばらつきが出てきているようです。

 税理士には、定年がありません。70歳代や80歳代になっても現役で税務業務を行なっている人が存在するほどです。税理士の平均年齢は約65歳となっています。ベテランの税理士は、幅広い知識と、豊富な経験を持ち合わせていますが、若い税理士で、豊富な経験を持ち合わせた人を探すことは困難です。ただし、若い税理士には、すばやい行動力と、色々な知識を取り入れようとする向上心にあふれています。ベテランの税理士が不得意としているIT関係には、若い税理士の対応能力が高い人が多いようです。 

 税理士の探し方として、知人の紹介、知人の税理士、インターネット、電話帳や広告看板、ダイレクトメールなど、様々な探し方があります。

税理士選びのポイントとしては
  • サービス内容が合っているか―クライアントのニーズに税理士が応えてくれているかは、とても重要です。自分の希望する業務内容に関して、深い知識を持つ税理士であるか見極めなければなりません。
  • 税理士との相性―仕事を依頼すれば、税理士とは長い付き合いになりますので、信頼関係が構築されなければ、良いアドバイスを受けることが出来ません。
  • 様々なアドバイスをしてくれるか―クライアントにとっては、プラスとなるアドバイスをわかりやすく説明してくれなければ、理解できない場合もあります。幅広い知識を持って、丁寧な説明を行なってくれるかは、とても大切です。
  • 地元の評判―税理士は、事務所の居住地の近辺で仕事をすることが多いですので、地元の評判が良い場合は、大きな信頼を寄せることができるでしょう。
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.