税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

パートナーとしての税理士

税理士の仕事はサービス業ですので、業務を依頼してくるクライアントがいなければ、仕事になりません。税理士は、納税者であるクライアントのニーズに応じた仕事をして、報酬を得ます。しかし、このクライアントと税理士の関係は、同等に保つべきです。

税理士が、クライアントに対して、あまりに低姿勢をとり、納税に関して、何でもクライアントの言うことを聞いてしまうと、結果的に、脱税の手助けをしてしまうことになりかねません。クライアントに対して、あまりに気を使って、言いたいことが言えない状況ですと、クライアント側に有利になる改善点やアドバイスを聞けるチャンスを逃すことになります。業績アップの可能性を捨てることになりまねません。また、クライアント側も税理士を「先生扱い」をし、偉そうな態度をとらせてしまうことも大問題です。報酬料金に見合ったサービス内容を受けられない事態が生じるかもしれません。税務に関する説明をしてもらえなくなったり、将来性を見越した良い提案を受けられなくなったり、ということも生じてくるかもしれません。

税理士の中には、問題点があるとどんどんアドバイスをしてくれるような人と、クライアントから質問や提案がない限り全く自分から動かないといった人がいます。ですから、遠慮せずに疑問点があれば、臆することなく何でも聞くことが大切です。

安心で健全な経営をしていく上で、時代の流れに即し、早めに経営計画を立てることで、財務上の問題点、人事上の問題点、資金調達の問題などの問題点が見えてくるものです。すべて税理士任せでは、経営者として失格ですし、企業の発展も望めません。経営者として、自社の財務状況を把握し、優れたパートナーである税理士と共に、問題を追及し、新たな取り組みを見出していくことが大切です。経営者の目線に立って、経営者のために、情報収集を行い、的確なアドバイスができるかということは、税理士の資質の中で、とても大切なポイントになります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.