税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

幅広いサービス内容

税理士は、税に関わるサービス業になります。税理士は、仕事獲得のため、人脈形成などの営業活動も必要ですが、口コミでもうわさは広がっていきます。仕事を依頼してきたクライアントに対し、「この税理士に頼んでよかった」と思われなければ、依頼も増えず、当然収入も増えません。一つ一つ丁寧に業務をこなしていくことが大切になってきます。クライアントのニーズに答え、メリットのある税金対策を行なうことが必要です。税理士の仕事はサービス業ですので、クライアントに喜ばれて初めて、意味があると言えるのではないでしょうか。

税理士は税のプロフェッショナルですから、納付すべき金額の多い、少ないは、税理士の腕にかかっています。納税者の立場に立ち、納税の負担を軽くさせるためのノウハウを持つことは必要不可欠です。

税理士として、「税金の負担を和らげること」「節税対策をアドバイスすること」など、欠かせないサービスになります。税理士としても、税金の本質を理解した上で、国を反映させていくためには、その財政源である税金をスムーズに納める流れを作り上げることが大切です。

税理士は、税金と名の付くものの、ほとんどすべての業務を行ないます。具体的な業務内容として、税理士には、税理士だけが行なうことができる独占業務と税理士が行なうことを認められている付随的な業務があります。

独占業務
  • 税務代理―個人や法人が提出した進行書類に対して税務署に行なう決定に不服がある場合に代理で申し立てを行ないます。
  • 税務処理の作成―個人や法人が税務署に提出する書類の作成を行ないます。
  • 税務相談―個人の税金、法人の税金、相続税、贈与税など様々な税金に関する相談に応じます。相続税の相談や申告については、仕事依頼を断る事務所もあるようです。税法は、かなり広範囲に及びますので、すべての税金に詳しい知識を持つことは、困難なようです。
  • 付随業務
  • 財務に関わる事務
  • 会計帳簿の記帳代行
  • 財務諸表の作成

税理士は、資金繰り、保険運用、資産運用、経営コンサルティング業務など行なっていますが、そのレベルや取組み方など、事務所によって異なります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.