税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

税理士法(ぜいりしほう)

税理士法とは、税理士の在り方や税理士に関する制度、禁止行為や罰則等について規定する法律です。

8章全65条から成り、税理士の使命、業務、税理士試験、登録、税理士の権利及び義務と責任、税理士法人、税理士会及…

»詳細を見る

公認会計士法(こうにんかいけいしほう)

公認会計士法とは、公認会計士の制度について定めている法律です。

公認会計士法は、1948年(昭和23年)に制定された法律で、これにより公認会計士及び会計士補の使命と職務、義務と責任、公認会計士試験制度や登録手続…

»詳細を見る

弁護士法(べんごしほう)

弁護士法とは、弁護士の制度に関する法律で、弁護士の使命と職務・資格・登録・権利義務・弁護士会や日本弁護士連合会、資格審査会等の機関・弁護士又は弁護士法人に対する懲戒や罰則等を規定する、弁護士制度について…

»詳細を見る

弁理士法(べんりしほう)

弁理士法とは、弁理士についての制度を定めた法律です。

弁理士とは、特許や意匠・商標などの産業財産権に関する業務を行うための国家資格者のことです。弁理士法では、この弁理士の使命と職務、日本弁理士会の制…

»詳細を見る

所得税法(しょとくぜいほう)

所得税法とは、個人の所得に対して課税される国税について定めた法律です。

内容としては、所得税の納税義務者、課税所得の範囲、税額の計算の方法、申告、納付及び還付の手続、源泉徴収に関する事項並びにその納…

»詳細を見る

相続税法(そうぞくぜいほう)

相続税法とは、相続税及び贈与税について定めた法律です。

相続税法は、相続税と贈与税のふたつの税目から成り立っており、贈与税のみについて定める「贈与税法」という法律は存在しません。そのため、このような…

»詳細を見る

法人税法(ほうじんぜいほう)

法人税法とは、法人の所得等に対する税金について定めている法律です。

法人税は、法人が一事業年度に得た所得に対して課される国税で、日本では税収の約4分の1を占めています。

法人税法では、法人に財務…

»詳細を見る

国税徴収法(こくぜいちょうしゅうほう)

国税徴収法とは、国民の納税義務の適正な実現を通じて国税収入の確保を目的とし、国税の滞納処分の手続きに関する規定を主に、国税の徴収について定めた基本法です。

国税徴収法は、旧国税徴収法を全部改正する形…

»詳細を見る

国税犯則取締法(こくぜいはんそくとりしまりほう)

国税犯則取締法とは、国税に関する犯則事件の取り締まり手続きと、それに関わる収税官吏の権限等について規定する法律です。

国税犯則取締法は、1900 年(明治 33年)に従前の間接国税犯則者処分法(1890 年制定)を全文改正す…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.