税理士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

所得税(しょとくぜい)

所得税とは、個人の所得に対して課せられる国税のことです。

日本では国の歳入の中でも最も高い割合を占める基幹税のひとつとされます。尚、広義には、法人税を含めて所得税とする場合もあります。

所得税は…

»詳細を見る

相続税(そうぞくぜい)

相続税とは、親族などが死亡したことにより、その財産を継承した場合に課される税金のことです。

財産を譲り受けた際に必ず発生するものではなく、基礎控除額以内であれば相続税はかかりません。

統計による…

»詳細を見る

贈与税(ぞうよぜい)

贈与税とは、個人から財産を無償で譲り受けた際にかかる税金です。

ちなみに、会社など法人から財産を譲り受けた場合には贈与税は発生しませんが、所得税がかかることになります。

人が亡くなった場合に、引…

»詳細を見る

法人税(ほうじんぜい)

法人税とは、法人の各事業年度の所得に対して課税される国税です。

法人税法に従って算出された所得に税率を掛けて算出されます。

日本における法人税の歴史は、法人に対する所得税という形で始まります。1899年…

»詳細を見る

消費税(しょうひぜい)

消費税とは、商品の販売やサービスの提供などの消費全般に対して課される税金です。

所得税や住民税などのように税金を負担する人と実際に納税を行う人が一致する直接税に対して、消費税は商品を購入する消費者が…

»詳細を見る

印紙税(いんしぜい)

印紙税とは、印紙税法に基づき、一定の文書(課税文書)に対して課される税金のことです。

税の種類としては流通課税に分類されます。印紙税では、課税文書の作成者が納税義務者となります。

印紙税の納付は…

»詳細を見る

登録免許税(とうろくめんきょぜい)

登録免許税とは、登録免許税法に基づいて、登記または登録の際に課される税金のことで、流通税の一種に分類されます。

登録免許税は、1896年(明治29年)に制定された登録税法によって設けられた登録税が元となっており…

»詳細を見る

自動車重量税(じどうしゃじゅうりょうぜい)

自動車重量税とは、自動車重量税法に基づき、車検などの際に自動車の重量に応じて課税される国税です。

自動車に関する税金としては、他に自動車購入時に課せられる自動車取得税、自動車の所有に対して課せられる…

»詳細を見る

揮発油税(きはつゆぜい)

揮発油税とは、揮発油税法に基づき、揮発油を製造場から出荷した際や、輸入した際に課される国税です。

揮発油税の課税対象となる揮発油は、「温度15度において0.8017をこえない比重を有する炭化水素油」と定義され、主に…

»詳細を見る

石油ガス税(せきゆガスぜい)

石油ガス税とは、自動車用の石油ガス容器に充填されている石油ガス(LPG)に対して課される税金です。

国税であり、納税義務者と実際の租税負担者が異なる間接税となります。

石油ガス税は、1966年(昭和41年)…

»詳細を見る

航空機燃料税(こうくうきねんりょうぜい)

航空機燃料税とは、航空機燃料税法に基づき、航空機燃料を航空機に積み込んだ際に課される税金です。

空港の整備拡張や航空機の騒音対策、保安施設や管制施設の拡充などの空港整備財源の確保を目的として導入され…

»詳細を見る

たばこ税(たばこぜい)

たばこ税とは、たばこ税法に基づき、製造たばこ(葉たばこを原料として、喫煙用、噛み用、嗅ぎ用として製造されたもの)に対して課される税金のことです。

日本においては、製造たばこには、国たばこ税、地方たば…

»詳細を見る

石油石炭税(せきゆせきたんぜい)

石油石炭税とは、石油石炭税法に基づき、原油及び輸入石油製品、液化石油ガス(LPG)及び液化天然ガス(LNG)等のガス状炭化水素、石炭に対して課される国税です。

石油石炭税の前身は石油税であり、平成15年度の税制改正…

»詳細を見る

道府県民税(どうふけんみんぜい)

道府県民税とは、地方税法に基づき、道府県内に住所・事務所・事業所などを有する個人及び法人に課される住民税です。

一般的には、この道府県民税と市町村民税をまとめて住民税と呼んでいます。これは、個人の道…

»詳細を見る

事業税(じぎょうぜい)

事業税とは、地方税法に基づき、法人もしくは個人が行う事業に対して課せられる税金です。

事業者が法人の場合には法人事業税、個人の場合には個人事業税と呼び分けられることもあります。

事業税の歴史は、1878…

»詳細を見る

固定資産税(こていしさんぜい)

固定資産税とは、所有する土地や建物等の固定資産に対して課される地方税です。

毎年1月1日現在で所有している固定資産に対して年額の納付が課せられます。そのため、年の途中で固定資産の売買などの所有権移転があ…

»詳細を見る

不動産取得税(ふどうさんしゅとくぜい)

不動産取得税とは、土地や家屋などの不動産の取得に対して課せられる税金です。

この場合の不動産の取得とは、売買に限らず、贈与、交換、建築など、登記の有無や有償・無償を問いません。土地や家屋を所有してい…

»詳細を見る

ゴルフ場利用税(ゴルフじょうりようぜい)

ゴルフ場利用税とは、地方税法に基づき、ゴルフ場を利用した際に課される税金です。

ゴルフ場利用税は都道府県税ですが、税収の7割はそのゴルフ場が所在する市町村に交付されることが定められています。尚、ゴルフ…

»詳細を見る

自動車税(じどうしゃぜい)

自動車税とは、自動車の所有に対して課税される財産税です。

4月1日現在で、道路運送車両法の適用を受ける自動車のうち、普通自動車、三輪以上の小型自動車を所有している人に対して年税額が課されます。

»詳細を見る

鉱区税(こうくぜい)

鉱区税とは、地方税に基づき、都道府県が鉱区に対し、その鉱業権者に課する普通税です。

鉱区税は面積を課税標準としてその年額が決定されます。ちなみに、鉱物の据採事業に対し、その鉱物価格を課税標準として課…

»詳細を見る

狩猟税(しゅりょうぜい)

狩猟税とは、狩猟者の登録を受ける際に課される税金です。

2004年(平成16年)からは、従前の狩猟者登録税と入猟税が廃止され、この二つを一本化する形で狩猟税が新設されました。

狩猟税の税収は、鳥獣の保護及び…

»詳細を見る

自動車取得税(じどうしゃしゅとくぜい)

自動車取得税とは、自動車の取得に対して課税される都道府県税です。

自動車取得税は、道路整備のための財源として、三輪以上の軽自動車、小型自動車、普通自動車を取得した人に対して(特殊自動車は除く)、自動…

»詳細を見る

軽油引取税 (けいゆひきとりぜい)

軽油引取税 とは、軽油の引取り(購入)に対して課税される税金です。

都道府県及び政令指定都市の道路に関する費用に充てるために都道府県が課する目的税となります。

軽油取引税は、1956年(昭和31年)に地方税・…

»詳細を見る

市町村民税(しちょうそんみんぜい)

市町村民税とは、地方税法に基づき、市町村がその区域内に住所を持つ住民、または事務所や事業所を持つ法人に対して課す住民税です。

一般的に市町村民税(東京23区においては特別区民税)と道府県税(東京都におい…

»詳細を見る

特別土地保有税(とくべつとちほゆうぜい)

特別土地保有税とは、一定規模以上の土地の取得・所有に対して課せられる市町村税(東京都23区内では都税)です。

土地の投機的取引の抑制や、土地の有効利用の促進を目的として昭和48年に創設されました。一般的…

»詳細を見る

入湯税(にゅうとうぜい)

入湯税とは、鉱泉浴場での入湯行為(入浴)に対して課される税金です。

入湯客が負担し、鉱泉浴場経営者が納税を行う間接税となります。入湯税は、環境衛生施設や鉱泉源の保護管理施設、消防施設の整備及び観光の…

»詳細を見る

都市計画税(としけいかくぜい)

都市計画税とは、地方税法に基づき、都市計画区域内の土地・建物に対して、市町村が条例によって課すことが出来る税金です。

都市計画税は、「都市計画事業」や「土地区画整理事業」を実施することで、その区域内…

»詳細を見る

事業所税(じぎょうしょぜい)

事業所税とは、一定規模以上の事業を行っている事業主に対して、地方税法で定められた都市においてのみ課税される市町村税です。

事業所税は、人口・企業が集中している大都市地域で増大する交通や公害問題、ごみ…

»詳細を見る

水利地益税(すいりちえきぜい)

水利地益税とは、水利に関する事業や都市計画法に基いて行う事業、林道に関する事業等の費用に充てることを目的として、その事業によって特に利益を受ける土地や家屋に対して、道府県または市町村が課すことが出来る目…

»詳細を見る

共同施設税(きょうどうしせつぜい)

共同施設税とは、地方税法に基づき、共同作業場・共同倉庫・共同集荷場・汚物処理場などの共同施設の費用に充てることを目的に、その施設の利用者や受益者に対して課する市町村税です。(地方税法5条6項3号及び703条の2に共同…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.